読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大きな大きな空の下 ~ 遷延性意識障害の母とともに

遷延性意識障害の母とともに、仕事も介護もあきらめない!椿みかんの奮闘日誌

今日はうれしいことだらけ

社長の帰りを待っていたので

会社を出るのが17時過ぎになってしまった

急いで会社を飛び出して病院に向かった

 

母はまだ部屋にいて

経管栄養の管がちょうど入ったところで、

涙をたっぷり流していた

 

今日はめずらしく、

というか、おそらく初めて

食堂で最初から最後までしっかり目を開けていた

(今日のいいことひとつめ★)

 

途中、痰が絡んで咳が出そうで出ないので

次第に呼吸が激しくなって

目を閉じているどころじゃなかったのだろう

 

作業療法士の方が

今日は歯磨きをしても

口を少し開けてくれるようになりましたよ

立位の練習でも、

意識的に立ち上がろうとしているように

少し見えました

と、笑顔で教えてくれた

 

いいことも、わるいことも

どんなことでも知りたいので

ご報告していただけるだけでうれしい

しかも今日はいい報告だったので

ことのほかうれしかった

(今日のいいことふたつめ★)

 

そんな話をしている目の前で

母はしっかり両目を開けている

今日はうれしいことばかりだ

(今日のいいことみっつめ★)

 

昨日も一昨日も看護師さんから

歯磨きのときに口を少し開けてくれるようになったと

言われていた

ちがう方からも同じようなことが聞けると

勘違いではなくほんとうに少し変化があるんだ、と

やっと素直に喜べる

 

ぬか喜びをしたくなくて

どうしても慎重になってしまう

 

今日も相変わらず痰が多く

部屋に戻って吸引してもらった後も

何度も痰が絡んで咳き込んでしまう

せっかく目を開けていたので

そのままアイスマッサージをしようと思ったけど

咳をするだけで疲れるだろうから

無理せず、寝かせてあげた

 

ほっとして落ち着いたのか

ぐっすり寝ている

 

起きていてほしい時間に起きていてくれれば

安心なので

夜に無理やり起こすことはないね

 

しっかり向きを変えてあげて

そばにいてあげるだけで

母も安心するはずだ

(と、そう思いたい)

 

とはいっても、21時まで

途中少し起きただけで、ずーっと寝ている

ストレッチだけはしておこう

 

 

【292日】リハビリ病院再々再転院から10日目

---------

病院:17:30-22:00

熱:37.1度

SpO2:

脈:

血圧:

開眼:少し目が開くように

痰:多かった

---------

天気:晴れ

最高気温:35.3℃

最低気温:27.0℃

湿度:49%