読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大きな大きな空の下 ~ 遷延性意識障害の母とともに

遷延性意識障害の母とともに、仕事も介護もあきらめない!椿みかんの奮闘日誌

母の歩行リハビリ

母はリハビリ病院に入院しているときから

まったく自分では動けない肢体であったが

股からの装具を両足につけて

歩行練習をしていただいている

 

足を前に出すための振り子のような役割である

「プライムウォーク」というものを

股の間につけることで、

右足が出たら、その反動で左足が出るようになる

 

在宅介護になるときに

家でも同じように歩行練習をしてくれる

訪問リハビリの事業所を探した

 

ほとんどの、いや全員が

この状態で歩行練習をしているということに驚かれたが、

リハビリ病院からの丁寧なご指導のおかげで

快く引き受けてくれた事業所が2社あった

本当にありがたい

 

在宅介護がスタートして2年4か月

現在も毎日歩行練習をしている

 

天気のいい日は気分転換にベランダまで出る

今日はとても気持ちのいいお天気で

母も春が待ち遠しいといった顔つきだった

 

桜が咲いたらお花見に行こうと計画中だ

たのしみ

ありがたい訪問理美容

区のサービスで

「訪問理美容」というものがある

たしか障がい者向けのサービスだったかな?

 

77歳、遷延性意識障害の母は

高齢者でもあり

介護被保険者でもあり

障がい者でもある

 

どれがどのサービスに当たるのか

わからなくなってしまうが

とにかく、いろいろありがたいサービスも多い

 

家から歩いてすぐのところの美容院で

そのサービスを受けれることがわかり

在宅介護が始まったときから

数か月に1回お願いしている

 

嫌なことがあると歯ぎしりで伝える母

訪問歯科の先生のときは、歯ぎしりが多いが

この訪問理美容の時間は、

これまで一回も歯ぎしりをしたことがない

 

やはり女性なんだな

髪をいじってもらい

キレイになると

やはり気持ちがいいんだろうな

 

そう思うと

きっとエステもうれしいんじゃないかと思う

今度、訪問でエステをしていただける方を探してみよう

はじめてのシューマイ

今日の嚥下訓練の時間では、

はじめてシューマイを食べた

ふたつも

 

パクパク大きな口を開けて

むしゃむしゃ食べたとのこと

とってもうれしい

 

一度食べたことがあるものと

はじめて食べるものとは

食いつきが違うらしい

 

やっぱり、

食べることを楽しみにしていて

新しいものだと、

なんだろう?って頭で考えながら

おいしいなって感じてるんだろうな

しっかり脳が反応している証拠だ

 

食べることが大好きなこと

丈夫な歯があること

これは元気でいるためにとても大切なことだと実感した

 

母は77歳

食が細くなっても

入れ歯になっていても

不思議ではない年齢だが

寝たきり生活で

風邪一つひかずに元気でいられるのは

こういったことも要因のひとつなのだと思う

 

ということは、 

一般人も歯がいのち!(古っ)

ってことだ

私も大切にしよう

 

さあ、明後日の嚥下では何たべようか?

「栗どらやき」と「かりんとまん」を

買っておいた

舞台「幸福の職場」

先日、障がい者の就職をテーマにした実話、

「幸福の職場」という舞台がCSで放送されていた

昭和30年代に実際にあった話を題材しているとのこと

 

近年は、

障害を持つ方が働いていることに

特に違和感もなく、

当たり前の光景として受け取っているが、

今から約60年前、

知的障害を持つ人が働くなんてありえない、

働けるはずがない、と思われていたらしい

 

日本という国の

障がい者の方々に対する考え方や施策など

これまでの信じられないほどの残酷な歴史を知れば

それも納得だ

 

日本人であることが恥ずかしく

なんて最低な国民なんだと

悲しくなる瞬間だ

 

残酷な歴史もあるが、

こうして、常識を覆し

前例を打ち破った勇敢な人がいたから

今がある

それも歴史だ

 

誰かの後ろを歩くのはとても楽

でも、違うと思ったら

たとえ自分ひとりになろうとも

自分が正しいと思える道を歩く勇気を持ちたい

 

固定概念や常識にとらわれず、

正しいと判断し、正しい行いができる

そんな人間でいたい!

准サービス介助士、無事合格

母の在宅介護が始まって、もうすぐ2年半になる

せっかくここまで介護にどっぷりつかっているのだから

何か資格でも取ってみようかな、と余裕も出てきたころに

ユーキャンをしらべた

 

手始めにはいいかな、と、

3か月もあれば資格が取れる「准サービス介助士」

に申し込んだのが1年前

 

最初のうちはテキスト片手に勉強するのが新鮮で

夢中になっていたが、

仕事が忙しくなると、それどころじゃなくなり、

テキストを開かないまま、あっという間に数か月が経ち、

そのまま放置状態でとうとう受講期限も切れてしまった

 

ユーキャンの仕組みで、追加料金を払うと

一度だけ期限が伸びる

こんな私にはうれしいサービスだ

その救済処置もあって、最後の2週間で勉強をしなおして、

一気に試験を受けて無事合格できた!

この1年はなんだったのか。。。私らしい

 

資格は取得して終わりではなく、

取得してからが始まりだ

 

介助が必要そうな場面に遭遇したら

積極的に自分から声をかけてみよう

私でできることがきっとあるはず

加湿器の掃除

母が気管切開をしていることもあり

部屋の湿度にはとても気を付けている

正解がわからないが、いろいろ調べて

50%~53%くらいにしている

 

以前使っていた加湿器、三菱重工のroomistは

内部にカルキがへばりつき、とにかく掃除が大変だった

インターネットの ”掃除が楽ちん” といったふれこみで

購入したのだが、私には楽ちんではなかった

 

まだまだ使えたが、毎回掃除をしてくれる

ヘルパーさんに申し訳なく、

今度こそは掃除が楽ちんなものを!と、

いろいろ調べて数か月前に買い換えた

 

流行りにも乗って、今度はダイソンを購入

ビックカメラの定員さんは、

「掃除はほとんどいりません!楽ちんですよ!」

と掃除が嫌だという私に太鼓判を押してくれた

 

その言葉を信じて、説明書もろくに見ず

掃除を一切せず今日まで過ごした

そしてとうとう今朝、

まったく動かなくなった

 

掃除は楽ちんとは言ってたけど

不要!とは言ってなかったもんな、、、

そりゃ、止まるよね

 

説明書を見ると、1ヶ月に1回の掃除が必要だったらしい

確かに比較的楽な方だろうが

でも、頻度だけが問題なわけではない

掃除の仕方も含めて楽ちんでなきゃ

という点では、細かい部品を取ったり付けたり

残念ながら”楽ちん”とはほど遠いかと

 

どこかに掃除いらずの加湿器はないのかな

 

”お役所仕事”はむかしのはなし

自賠責保険の請求には

母の印鑑証明が必要とのことで

移転にともなって、

改めて印鑑登録の手続きをしに区役所に行った

 

これまでは区役所に行く用事など

数年に1度あるかないかだったが、

母の介護をすることになり

様々な手続きのために最近よく訪れる

 

先日、ふと思ったのだけど、

お役所の人たちって

いわゆる”お役所仕事”で

こちらのことはお構いなしに

待たせるだけ待たせ、ちょっとしたことも融通がきかず、

イライラさせられるのが常で、できれば関わりたくない、

そんな職種と私の中では認識していた

 

でも、これだけ最近通っていても

イライラしたことなど一度もないことに気付いた

 

むしろ、どなたもとても親切で

説明もわかりやすく、

一昔前のように長く待たされることもなくなった

 

役所が生まれ変わったのか

私が大人になったのか、

はたまた

区によって違うのか、

役所の方でも最近の世代の方々は

変わってきているのか、、、、

真相はわからないが

とにかくとても助かっている

 

 これからもよろしくお願いします

浮雲のように儚い

土曜日、休日出勤をして

うんと仕事が片付いたので清々しい気持ちで家に着くと

「来月いっぱいでやめることになりました」

と、心から信頼していた、かわいいかわいいヘルパーさんに

淡々とそう言われてしまった。

 

絶句。

言葉が出ない。

でも、困らせたくなかったので、

「そ、そうなんだ。来月いっぱいですね。

そうですか。わぁ~、困った。でも、はい。わかりました。。。」

 と、できるだけ顔色を変えずにがんばった。

でも、、、、、、ショック。

 

会社を辞めずにこうして仕事と介護の両立ができているのも

理解ある会社とお願いしている3人のヘルパーさんのおかげだ。

信頼できる方々と出会えて本当に恵まれているな、と思う反面、

こんな恵まれた状態がずっと続くなんてことはないから、

と、どこかでいつも不安な気持ちはあった

でもまさか、そんな日がこんなにも早く来るとは。。。

 

母と自分の生活は、多くの方に支えられて成り立っている

その一人が欠けるだけで、あっけなく崩れてしまう

私一人ががんばったって成立はしない

そう痛感した。

 

くやしいけど

わたしたちの生活は

浮雲のように儚いのだ

 

なーんて、落ち込んでても始まらない!

とにかく

何がなんでも

あと1か月で新しいヘルパーさんを探さなきゃ!