読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大きな大きな空の下 ~ 遷延性意識障害の母とともに

遷延性意識障害の母とともに、仕事も介護もあきらめない!椿みかんの奮闘日誌

歯ぎしり

 

約2年前くらいから、突然母は起きているときに

歯ぎしりをするようになった

ひどいときは、日中の半分くらい

ずーっと、歯ぎしりをしていた

 

きっかけは

おそらく訪問歯科のときの

歯石取りだとおもう

 

ガリガリガリガリ金属音が頭に響き

よっぽどいやだったんだろう

そのあとから歯ぎしりをするようになった

 

歯医者さんが歯石を取りはじめたときに

嫌がる母がかわいそうで、

やめてもらいたかったけど

言えずにいた

 

f:id:mamagamba:20170424235930j:plain

 

歯ぎしりが始まったときは

とても後悔したが

実は、良かったこともあり

徐々に歯ぎしりをする時間も減り

いつの日か、嫌と思うときに歯ぎしりをする

唯一の母の意思表示になった

 

今は、痰が出たときや、体交のとき、

夜中、向きを変えてほしいと

私を呼ぶとき、何かが嫌なとき

その時にしか歯ぎしりをしなくなった

 

歯がすり減ってきていて

負担を考えると心配だけど

とっても大切な機能のひとつだ

ミニシュークリームを4つ

 

今日の言語聴覚療法の嚥下訓練は

ちょうどおやつの時間なので

ミニシュークリームを用意した

 

開眼はしていなかったそうだが

中のクリームをチュウチュウ吸うようにして

パクパクと4つも食べたらしい

 

すごい!

これでしっかり目を開けていたら

100点満点なのに

 

訪問診療の先生からは

しっかり開眼しているときに

食べさせてください

と言われているので

基本的にはそのようにしているつもりだ

 

でも、どうしても

本人は起きているのに

目を閉じてしまっているときがある

 

決して寝ているのではない

目を開けたくないのだ(たぶん)

 

現に今日のように

目を閉じたまま

パクパク食べたりする

 

目を閉じているから食べさせらない

と単純にそのまま受け取って

嚥下訓練をしないでいると

できるときが少なくなる

 

「誤嚥しますよ」と常に言われてしまうので

どこでやめて、どこまでやるか、、、

つらいところだ

 

かあさま、

ちゃんと目を開けてね

いつも笑顔でいるために

先日、とても嫌なことがあった

くやしくて涙が出た

 

でも、しかたない

我慢しなければ

 

その人と顏を合わさずにいることも

できなくはないが

それも大人げない

 

がんばって、いつも通りに挨拶をしたら

ニヤニヤと「すみませんでしたねー」と

軽ーい調子で謝られた

 

「えっ?そんな謝り方?」

と一瞬思ったが、

なぜだか不思議と腹は立たなかった

 

逆にその軽さに救われたのだ

 

そっか、そんなもんか

この人にとってはそんなものなんだ

そうだ、大したことじゃない

私が勝手に一人カッカして

怒っていただけなのかもしれない

きっと悪気はなかったんだ

 

そう思ったら、

一気に晴れやかな気持ちになった

 

負の気持ちというのは

決していいことをもたらさない

どんなことが起ころうと、

私がそれをどう受け止めるかだ

プラスに受け取れれば

きっといつも笑顔でいられる

 

「周りの人は自分のことを好意的に思ってくれている」

と信じていつも接している、と

誰かが言っていたのを思い出した

 

絶対それはいい循環になるとおもう

大好きなカフェ

ホットワインのある大好きなカフェがある

毎週のように通っていたが、

そこのカフェには残念ながらたった一つ難がある

 

横を走っている運河が

初夏から秋口までちょっと匂うのだ

 

メニューもお店の雰囲気も

食事も何もかもが気に入っているのに

それに気づいたときは本当に残念でしかたなかった

 

でも、冬場はまったくにおわないので

久しぶりに行ってみた

 

やーっぱり落ち着く

 

大きなテーブルの端に座るのが好きだ

たまに隠れて正座をしてしまうと

とてつもなく落ち着いてしまって

時間が経つのを忘れる

 

人生メリハリだ!

介護では手を抜くことなく

一生懸命!

仕事でも気を抜くことなく

必至にくらいつき結果を出す!

そして、自分だけの時間では

のんびりおだやかに~

 

なーんて、これが理想だけど

現実はそうそううまくいかないね

ま、のんびりと理想にちかづこう

気切の中で痰が固まってしまう

遷延性意識障害の母は

入院時からずっと気管切開をしている

最近、痰が固くて

気切の中で痰が固まってしまう

 

最初の変化は年末くらいだったと思う

痰の量がめっきり少なくなった

吸引してもあまり取れないことが多く

夜間もほとんど吸引の必要がなくなった

 

とにかく今年の冬は雨が降らず

東京では

乾燥注意報が毎日出るほどだった

そのカラカラが原因かな、と思っていた

 

1月中旬あたりからは

日中の痰の量は通常に戻ってきたが

透明でサラサラの痰ではなく、

白く濁ってドロドロと粘着質のある痰が続いた

 

それから、

朝いちばんの吸引では緑色の痰が出るようになった

緑膿菌という菌に感染しているから緑色になるのだと

以前、ヘルパーさんに言われた

 

緑色の痰については

ドクターもそれほど心配することではないと言っていたので

今回もずっと様子を見ていた

 

でも、1か月も続き

その緑色の痰が気切の中で固まるようになって

なんだか一向に良くならないので

念のため、血液検査をしてもらった

 

その結果はCRPがそれほど高くなかったので

心配ない、とのことだった

 

病気としての心配はなくなったが、

痰がやわらかくなったわけではないので

とにかく、気切の中で固まらないように

吸引時はできるだけネブライザーをすることで

とりあえずしのぎ、

春を待つことにする

 

あまり心配だ、心配だ、と騒ぐと

薬が増えちゃうかもしれないので

それはそれで嫌だしね

やっぱり様子をみるとしよう

母が大切?自分が大切?

とにかく運動をしていない

体が重くて一層疲れがとれない

肩こりもひどく、起きている時間は

ずーーーーーと肩と首回りが鉄のようになっている

頭痛もたびたびあるが

薬を飲んでも治らない

 

なーんて、本当にひどい状態が続くことがあるので、

休日出勤もなく、たまにゆっくりできるときは

近所のホットヨガに行くようにしている

 

今のわたしは

私史上最高に肥えてしまっているので

おなかや背中のぜい肉が邪魔をして

どんなポーズをするにも

あちこち届かず、常にはぁはぁ息切れ状態だ

 

そんな肥えたわたしでも、

汗をびっしょりかいて

シャワーを浴びて、

外の風に吹かれて帰るときは

最高にしあわせを感じる

心からキレイになった気分になり爽快だ!

 

自分の中にストレスがたまっていたのでは

母の介護はできない

 

「母を大切に思うからこそ自分を大切にする」

介護をするうえで私が最も大切にしていることだ

 

私が倒れたら大切な母を診る人はいない

おしまいだ

だから倒れない、限界を迎えないために

自分を大切にする

胃瘻の周りの肉芽

遷延性意識障害の母は

退院と同時に胃瘻になった

 

これまでに特に問題はなかったが

最近、たまに胃瘻のチューブの周りに

赤く肉芽が出てくることがあり、

出血もある

 

以前ドクターからは

心配ない、と言われていたので

放っておいていたが

訪問入浴時にいらっしゃる看護師さんや、

週に一度お願いしている訪問看護の看護師さんに

「赤くなってますね」とたびたび心配されると

わたしも少し心配になって

あらためてドクターに伺った

 

答えは同じ

乾燥させた方が肉芽は育たないので

アズノールなどを塗布するのは勧めない

特にこのまま様子をみればよし

とのことだった

 

ついつい心配になるが

必要以上に心配せず

様子をみましょうね!

母の歩行リハビリ

母はリハビリ病院に入院しているときから

まったく自分では動けない肢体であったが

股からの装具を両足につけて

歩行練習をしていただいている

 

足を前に出すための振り子のような役割である

「プライムウォーク」というものを

股の間につけることで、

右足が出たら、その反動で左足が出るようになる

 

在宅介護になるときに

家でも同じように歩行練習をしてくれる

訪問リハビリの事業所を探した

 

ほとんどの、いや全員が

この状態で歩行練習をしているということに驚かれたが、

リハビリ病院からの丁寧なご指導のおかげで

快く引き受けてくれた事業所が2社あった

本当にありがたい

 

在宅介護がスタートして2年4か月

現在も毎日歩行練習をしている

 

天気のいい日は気分転換にベランダまで出る

今日はとても気持ちのいいお天気で

母も春が待ち遠しいといった顔つきだった

 

桜が咲いたらお花見に行こうと計画中だ

たのしみ